インプラント治療の特徴

虫歯や歯槽膿漏、自己などで自分の歯を失った方のための治療にインプラントがあります。この治療は、歯科で行われている治療で、自分の骨に土台を埋め込み、そこに義歯を取り付ける方法で行いますので、ぐらつきのない使用感が特徴で、多くの歯医者で行われている治療です。この治療は健康保険が適用にならないため自費となりますが、入れ歯や差し歯などと比べると自然なかみ心地で、固いものも噛むことができるため、希望する方の多い治療です。

話題の歯科インプラント治療

インプラントとは、簡単に言えば人工歯根のことです。歯周病や虫歯、あるいはケガなど、様々な理由で歯を失ってしまった場合に、その代わりとなる義歯が、容易に外れてしまわないようにする目的で行われています。この治療法は以前から存在していましたが、日本では、約20年ほど前から普及が進んでいます。特に近年では、注目を集めている印象です。技術が進み、それだけに関心も高まっているのでしょう。インプラント治療は、1本の歯が失われている場合にも、または多くの歯が失われている場合でも、行うことが可能なのが特徴のひとつです。

↑PAGE TOP