インプラントで歯を取り戻す

永久歯を失ってしまった時、乳歯のように生え変わってはこないため、代わりの歯となるものを入れないと、食事さえままならなくなってしまいます。また見た目にも恥ずかしく、発音もきちんとできなくなってしまうため、人とのコミュニケーションにも影響しかねません。入れ歯やブリッジは保険内でできる治療なので費用はそれほどかかりませんが、日常生活の質は明らかに落とさなければなりません。インプラントなら、高い治療費は必要となりますが、見た目にも美しく、硬いものでもしっかりと噛めるので、本物の歯が取り戻せます。

入れ歯とインプラントの違い

歯を失った時の二つの大きな選択肢が、入れ歯とインプラントです。型をとって歯茎に被せる入れ歯と違い、後者は骨に器具を埋め込み、その上に仮の歯を作るので、元の歯に近いのが特徴です。慣れるまでにそう時間もかからず、噛み応えもしっかりあるので気になりません。また、インプラントはその後のケアも特に必要なく、長く使えると言うメリットもあります。数十年、人によっては一生そのまま過ごせることも多く、一度埋め込めば後が楽です。

↑PAGE TOP