どうすれば保険が適応されるか

保険治療とは、誰でも悪くなった歯を普通の状態にすることを目的とした治療に適応されます。インプラント治療はほとんどが自由診療となり高額な治療費となります。しかし、国が定める条件を満たせば安い費用で治療を受けられるようになりました。その条件は普通の虫歯治療を受ける方には当てはまりません。インプラントの保険適応が認められる患者の方は、例えば、腫瘍や顎骨骨髄炎などの病気、事故や外傷などにより顎の骨を失った場合のほか、骨の移植によって顎が顎が再建された状態の時、先天性疾患により骨が連続して欠損している場合、などです。『骨を失った場合、欠損している』とは顎の骨が1/3以上連続して失われている状態をいいます。このような症状の時、国から認められた施設で治療を受けることができます。

保険適用外の理由とは

インプラント治療は健康保険が適用されない自由診療なため、医療費は全て自己負担になります。適用されない理由としては、その治療効果の高さが原因です。そもそも健康保険制度は、生活に支障をきたす病気や怪我の治療に適用するとしています。インプラントは失った歯を取り戻すための補綴物治療ですが、審美性が高く、見た目にも優れています。見た目の悪さは一般的に生活に支障をきたすとは考えられず、歯の機能を取り戻すための必要最低限の治療の域を超えていることから自由診療となってしまいました。ただ、症状によっては一部適用されるケースもあります。

歯科の保険治療の情報

新着情報

↑PAGE TOP